スポーツしなくていい。生活に運動を取り入れる方法

無理なダイエットは体調を崩す可能性もあるので危険です!当サイトでは気持ちと工夫で痩せる方法を紹介しておりますので是非参考にしてみてくださいね。

スポーツしなくていい。生活に運動を取り入れる方法

痩せるためには脂肪だらけの体ではなく、筋肉をつけて見た目も引き締め、
そして代謝をあげて痩せやすい体作りをしていくことが重要です。

これはリバウンドを防ぐためにも重要で、ただ脂肪を減らすだけではまたそこに脂肪が蓄積しやすいのですが、
筋肉をつけると脂肪を燃焼する力が強まるので、リバウンドしにくくなるのです。
でも、スポーツって意気込んではじめても、なかなか長続きしないものです。
ダイエットでのスポーツは、基本的に無理はしないでください。
生活の中で取り入れるちょっとした動作こそがダイエットに繋がっていきます。
 

無理はしない運動を

意気込んでランニングやウォーキング、筋トレを始めると、体がびっくりしてしまいます。
今まで体を動かしたことがないのに、いきなりはじめて体がついてきてくれるわけがありませんよね。
そこで筋肉痛などを引き起こし、結局は三日坊主になってしまうのです。

無理をしすぎて続かない運動ではやる意味がありませんから、続けることを基本として
自分が無理をしない程度の運動を始めるのが、ダイエットにおけるスポーツの基本となります。

 

家事をしながら筋トレ

実は新たに運動を始めなくても、普段の家事がダイエットに繋がります。
たとえば、料理をダイニングに運ぶとき…まとめてお盆ではなく、1皿ずつ運んでみるとどうでしょうか。
歩く回数も増えますよね。また、洗い終わった食器を食器棚に戻すときにも1皿ずつ戻してみましょう。
それだけで運動量はぐんと増えます。その他、洗濯物を干すときにはハンガーを下に置き、
それを1本ずつ取りながら洋服をかける…それだけでスクワットになります。

家事は工夫をすることで運動量を増やせるものなので、別で運動の時間を設ける必要はないです。
別に新たに始めることもないですから、続けやすいでしょう。

 

エレベーター・エスカレーターを階段に

出かけたときにエレベーターやエスカレーターを使って移動すること、多いですよね。
マンションに住んでいる人はついついエレベーターを使ってしまいます。
確かに便利ではあるのですが、その使用をやめましょう。

階段で移動をするようになると、それだけで体力を結構使います。
でも、移動を変えただけなので特に新しく始めることではありませんよね。
運動しなくちゃと思うから続けるのが嫌になるのですから、こういった小さなことからはじめてみると、意外と続けられますよ。